☆~★~夢旅夫婦の旅路<MAP>~★~☆

【おすすめ記事】NZワーホリ経験者が車購入前に重視した5つのこととは!

NZワーキングホリデー
「ニュージーランドのワーホリで車買いたいけど何をすればいいんだろう…」
「車の知識がないから購入時に騙されないか心配」
「車を購入する前に何をチェックしたらいいかわからない」

「中古車の相場がわからないから不安だな…」

僕も車のことは無知なので初めて車を購入する時は本当に不安でした。

僕の場合、しっかりとメンテナンスされている車をとても親切な方から購入させていただき、1年半以上経った今でも故障事故もなく、快適に利用しています。

今回の記事では僕が実際にニュージーランドで中古車を購入した時に重視した5つの項目を優先順位にしてご紹介していきます。

僕と同じような悩みをお持ちの方は是非ご覧ください!

この記事はこのような人におすすめ!
・初めてのニュージーランドワーホリで車購入を考えている人
・中古車の相場が分からなくて購入を躊躇っている人
・車の知識がなくて不安な方

NZで中古車を購入する時に重視することは?

ニュージーランドの中古車市場は個人での売買が主流です。もちろんディーラーで購入することも出来ますがどうしても値段が高くなってしまいます。(その代わり、メンテナンスが行き届いているので安心です!)
しかし、ワーホリでニュージーランドに来た人のビザは長くても1年3ヶ月程度…
正直な所、出費は出来るだけ抑えたいですよね。しかも高額で購入した車を売るのって結構大変ですし…(泣)
僕自身もディーラーでの購入は一切考えず、個人売買で安く手に入れたかったので以下のことを重視して車を探しました。

【僕が個人売買で中古車を購入した時に重視した項目】
① しっかりとメンテナンスされている車か
② 年式が2000年以降
③ ワーホリワーカーに人気の車種か
④ 料金が予算内
⑤ セルフコンテイン車か
⑥ WOF/REGOの次回の更新月

① しっかりとメンテナンスがされている車か


ニュージーランドの中古車は日本の中古車と価値観が違います。ニュージーランドに1年半以上滞在している僕の価値観で言うと「日本の中古車 = 古めの新古車 「NZの中古車 = 本当の中古車」こんな感じでしょうか(笑)
その為、ニュージーランドで車を購入する時に一番重視した点はメンテナンスがしっかりされているかどうかです。

※僕が実際に購入するにあたってチェックした項目はこちら

1ボディに大きなへこみや傷、サビが付いていないか
擦り傷や少々のへこみはあると思いますが、それがあまりにもひどかったりサビが多いとWOF(車検)にも影響してしまいます。
2 フロントガラスやサイドガラスにヒビが入っていないか
飛び石などで出来てたヒビが後々大きな亀裂になって高額の交換費用が発生する可能性もあります。
3 2000年以降に製造された車か
下記に解説しています。WOF(車検)の回数が2000年以降と以前では大きく変わります。
4 オイル・オイルフィルター(エレメント)のチェック
最後にいつ交換したか持ち主に確認しましょう。通常、オイルは10,000キロ毎の交換、オイルフィルター(エレメント)は15,000キロ毎に交換が必要です。
5 ラジエーター(クーラント液)
ラジエーターが劣化していたり冷却水が不足しているとオーバーヒートの原因となるので運転席のメーターパネルにある水温計がH近くまで振れてたり、試乗中に異常な音がしたりします。
6 タイヤのすり減り、空気圧チェック
前輪、後輪ともにタイヤがすり減っていないかチェックしましょう(タイヤ交換時期の判断基準サイト<jmsジェームス>)。空気圧も持ち主に確認してガソリンスタンドで空気を入れましょう。
7 エアコンの効き具合
日本と違い年中快適な気候のニュージーランド。頻度は少ないと思いますが購入前にチェックしましょう。
8 各種ライトの点灯チェック
ヘッドライト、スモールライト、ウインカー、ブレーキライトなどの各種ライトのチェックも持ち主と確認します。もちろん室内灯やナンバー等も!
9 修繕履歴がしっかりと残っているか
前回のWOFの修繕履歴など残っているか持ち主に確認しましょう。
10 スペアキーの有無
ほとんどの車はメインキーの他にスペアキーもあります。持ち主がうっかり渡し忘れる可能性もあるので自分から率先して確認しましょう。
その他 タイミングベルトの交換時期やドアの開閉具合など!
僕と同じように車の知識がない人でも、上記のことを事前に理解してから試乗させてもらうと購入後のトラブルを減らすことが出来ると思います。

② 年式が2000年以降に製造された車か

ニュージーランドでは車検のことをWOFと呼びます、2000年以降に製造された車は1年に1度のWOFで済みますが、2000年以前に製造された車は半年に1度のWOFを受けなければいけません。
特に整備不良がなければ50ドルから70ドル程度のWOF代だけで済みますが、ニュージーランドの中古車は走行距離20万キロ超えの車もたくさん走っています。中には30万キロ超えの車もあります。
ちゃまん
ちゃまん

僕らの車は24万キロ超えです…(笑)

その為スムーズにWOFを通過することは難しく、結果的に1回のWOFで部品やタイヤ交換などで200ドルや300ドル発生したりします。出来るだけWOFは少ない回数でワーホリを終えたいですよね…!

③ ワーホリワーカーに人気の車種か


車の使用用途によって購入したい車も様々だと思いますが、僕がおすすめする車の車種の順位はこちらです!

【1位:ハイエースなどのワンボックス】
移動車としてはもちろん、車中泊使用に改造されていれば車内でも快適に過ごせてNZラウンド時の最強のパートナー!ヨーロッパ系のワーホリワーカーに大人気!しかし、高額…(相場6,000ドル〜12,000ドルほど)
【2位:エスティマ、オデッセイ、ストリームなどのミニバン】
比較的安く手に入りハイエースなどのバンより燃費が良いのでNZラウンドも燃料費などのコストを抑えてくれる。(相場2,500ドル〜5,000ドルほど)
【3位:ステップワゴンやセレナなどのミニバン】
高さのある車種で後部座席を残したまま簡単に車中泊使用に改造できる車。(相場5,000ドルから8,000ドルほど)

【4位: マーチ、ヴィッツ、フィットなどのコンパクトカー】
燃費がよく小回りのきくコンパクトカーもワーホリワーカーに人気です。特に女性が利用しているのをよく見かけます(相場2,000ドル〜5,000ドル)
【5位:1,500ドル以下の中古車】
帰国直前に車が売れずに値下げされた車なら安く手に入れるチャンスですが、元から1,500ドル以下の激安価格で販売されている車は注意が必要です。(相場500ドル〜1,500ドル)

人気の車種の特徴としてはNZラウンドに使用しやすく売却が簡単という点です。ハイエースなどのワンボックスカーは購入時の出費は大きいですが人気なので売却は簡単だと思います。

④ 料金が予算内


自身のお財布事情や車の車種、年式によっても変わると思いますが通常は3,000ドル前後で車を探す人が多いと思います。ちなみにフェイスブックでは1,000ドル以下の車限定のグループもあります。

ちゃまん
ちゃまん

僕も3,000ドルの予算で車を探しました!

⑤ セルフコンテインの資格があるか

ニュージーランドは数え切れないほどのキャンプサイトがあります。通常、キャンプサイトといえば市街地から遠く離れた山奥や海の近くなど自然豊かな場所が多いですが、ニュージーランドは市街地にある公園の駐車場やビーチの駐車場などいたる所にキャンプサイトがあります。
しかもニュージーランドは無料で宿泊できるキャンプサイトも数多く存在します。その時にが付くほど便利な資格がセルフコンテイン車です!

セルフコンテイン車とはある一定の設備を整え、国からの正式な許可が下りた車のことです。
簡単に言うと【後部座席にベットやキッチンがあり、食器を洗うシンクには給水・排水のタンクがホースで繋がっている必要があり、蓋つきのゴミ箱と簡易トイレの設備を備え付けた車】特徴としては車体の後方に青いシールが貼られています。

簡単に無料・有料キャンプサイトを見つけられるアプリ
キャンパーメイト【公式】

ちゃまん
ちゃまん

僕の車もセルフコンテインなので全ての無料キャンプサイトに宿泊出来ます!

 

⑥WOF/REGOの次回の更新月

REGOは日本でいうと自動車登録料、WOFはWarrant of Fitnessの略でいわゆる車検です。もちろん購入後はご自身で支払う義務が発生します。更新期限が近い車よりは十分な有効期限がある車の方が良いですよね!また、期限が近い車は値引き交渉の材料にすることもできます。ちなみに僕が優先したのはREGOの期限 < WOFの期限でした。

「WOFの有効期限が十分ある車 = 最近WOFを通過したばかりで車の状態が良好だから」です!

フェイスブックなどでREGOの有効期限が1年近くある事を大々的にアピールしている方もいますが、僕はWOFの期限を優先してチョイスした方が後々の出費を抑えられると思います。もちろんREGOの期限が長いこともメリットです!

まとめ


ニュージーランドで車を安く購入することは簡単です。
しかし僕の周りでは車を購入して2回しか乗ってないのに故障して廃車になった友人や、ラジエーター液が漏れていることを知らされず高額の修理費が発生した人もいました。
廃車になった後に2代目の車を購入すると出費もかさみますよね…
今回の記事がこれからニュージーランドで車購入を検討されている方に少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

コメント